NEWS最新情報

コンピューターによる山水禅 「ZENetic Computer」(協力)

2004年09月10日

CCT広報発信 2004年9月10日付
大阪支店情報 No.103

■ 会場:京都 高台寺「北書院」京都市東山区高台寺下河原町526
■ 日時:2004年5月10日~6月6日
■ 主催:ゼネティックコンピューター@高台寺委員会
■ 入場料:拝観料のみ
JR京都駅・近鉄京都駅から市バス206系統 (東山廻り) 東山安井下車
JR京都駅・近鉄京都駅からタクシーで15分
阪急河原町から市バス207系統 東山安井下車
高台寺URL:http://www.kodaiji.com/

次期開催として、ロサンゼルス コンベンションセンターの催しも致しました。
■ 会場:LOS ANGELES CONVENTION CENTER LOS ANGELES.CALIFORNIA USA
■ 日時:2004年8月8日~8月12日
■ 主催:ACM SIGGRAPH(シーグラフ)

SIGGRAPH URL:http://www.siggraph.org/
SIGGRAPH2004 Emerging technology 選出作品
http://www.siggraph.org/s2004/conference/etech/zen.php?=conference
インタラクティブ・インスタレーションの設計プラン・セッティングプランを、本社クリエイティブセンター 京都クリエイティブプランニングチーム 西條 康裕さんが担当致しました。
営業担当:山本 弘

京都 高台寺 北書院

装置の裏にコンピュータプログラムされたソフトがプロジェクターで映し出される。その映像を木フレームにマグネットシートで固定したディフュージョンシートを使ってスクリーンにしている。デモンストレーションは(財)イメージ情報科学研究所エンタティメントコンピューティングセンター京都研究所所長 土佐尚子先生。


NO.1

山水をイメージしたテーブルの開口部にタッチセンターパネルが配されており、その中を各々が操作すると、スクリーンに映し出されるZenetic Computerがその人と禅の境地をインタラクティブに体験させる。


NO.2

スクリーンの映像はストーリー性があり、どのような操作によっても体験者のもとに言葉を投げかけてくる。人の持つ、感情・無意識・記憶の違いを反映させるコンピューターソフトをZenetic Computerにより体感できる。


NO.3

話しかけてくるコンピューターと対話するが、決まった答えは与えられない。受け止める体験者だけがその意図を考えさせられていく。


NO.4

LOS ANGELES コンベンションセンター

京都 高台寺での開催が終わり、8月のロサンゼルスのコンベンションセンター展示に向けたセッティングをプラン設計。高さ3.5m、横幅6mでの会場セット両サイドの掛け軸は松岡正剛先生の書。


NO.5

子供たちは感情のままにコンピューターと接する。


NO.6

撮影:
NO.1~4 本社/西條 康裕
NO.5~6(財)イメージ情報科学研究所エンタティメントコンピューティングセンター京都研究所所長 土佐 尚子先生