TOP MESSAGE

TOP MESSAGETOP MESSAGE

『挑戦を続けていきます』

株式会社 七彩 代表取締役社長 瀨川 剛

世の中はデジタル技術やSDGs等、今まで以上のスピードで変化しています。また、天候不順による洪水や大地震、パンデミックまで想定外の事態も次々と発生しています。このような中で、市場や人の気持ちも凄まじい勢いで変化し続けており、我々もこの変化スピードに負けないように進化しなければなりません。

創業時に芸術家たちの集まりとして出航した七彩は、そのクリエイティブの力により先進的なマネキンを創り続けて時代をリードし、レンタルという仕組みで事業を拡げました。そしてプロダクトや空間演出という新しい挑戦によってVMD(注1)の力を蓄え、内装工事まで業容を拡大してきました。
時にFRP(注2)製のマネキンをいち早く創り出し、今また業界初の100%植物由来の生分解ボディも発表しました。その時代時代に見合った新しい創造物やサービスを創り続けてきたことが、七彩という船に集まるクルー全員の挑戦でした。

新しい創造物やサービスを創ること、人のこころを動かすということは簡単なことではありません。幾度も失敗し、上手くいかないことばかりです。一生懸命にやり続けなければゴールに届きません。相撲だって、野球だって、一生懸命にやるからファンができ感動を届けられるのです。

私たち七彩は社名の由来のとおり、個性豊かな仲間たちがそれぞれの多様性を認め合い一生懸命に挑戦する企業文化を持っています。七彩73年の歴史は、ひとりひとりの一生懸命の歴史です。新しい時代には新しい挑戦が必要です。私たち七彩は、未来にむけて挑戦を続けていきます。

  • (注1)VMD・・・ヴィジュアルマーチャンダイジング
    企業の独自性を表し、他企業との差異化をもたらすために、流通の場で商品をはじめすべての視覚的要素を演出すること
  • (注2)FRP・・・繊維強化プラスチック
    ガラス繊維などの各繊維と組み合わせることで強度を高くした軽量かつ加工しやすいプラスチック
社名の由来と創業の志

『造形美術を主体とする企業として、その作品の表現において赤・黄・橙・緑・青・藍・紫の七色は欠かすことの出来ない色彩である。また、将来的に世界の空に掛ける虹になろう。』という意味で、昭和21年7月21日、「有限会社七彩工芸」の創業時に創業社長・向井良吉氏の兄・向井潤吉画伯により命名された。
遊び心を持った個性のある色が混ざり合うことなく調和を保ち、美しいものを創造して、観る人々に感動をもたらし、世界にかける虹になろう。

社是
美感遊創 ~美を追求し、感性豊かに、遊び心を持って、未来を創造する~

当社は社会に美感遊創な創造物とサービスを提供することによって、適正な利潤を獲得し、その利潤を公平に分配しながら、社会の健全な発展に貢献することを目標とする。

NANASAI SPIRITS

1. 失敗を恐れず挑戦し、新たな未来を創造しよう。
2. 勇気を持って変革に取組もう。
3. 自分で考え、誠実かつ真摯に行動しよう。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ
03-6327-77319:00~18:00 土·日·祝を除く
メールでお問い合わせ
お問い合わせフォーム